home > 作家 > ナンシー関さん
home > カテゴリ > 紙もの > 手帳
home > 素材 >  > 手帳
home > 分類 > 計画室
ナンシー関の女子学生手帳(紺)
商品コード:12141-01

商品仕様: 7.2×11cm 表紙カバー/ポリ塩化ビニル 本紙/120ページ  日本製
商品説明: ナンシー関が贈る
現役女子学生及びかつての女子学生のための女子学生手帳(携帯用)

打ち明けられない気持ちを綴る日記帳として、忘れずにいたい先輩の言葉の記録帳としてなど、
大切な日々の覚え書きとして最適。
教訓は、くれぐれも秘密厳守にて。
小売価格: ¥680
在庫状況: 在庫あり
買い物かごに入れる

表紙内側に写真入れスペース1箇所。
本文ページに胸がきゅんとなるイラスト11種。
巻末に、時間割、私たちの先生、おぼえの記録ページあり。

ナンシー関
1962年7月7日、青森県青森市の棟方志功記念館そばに生まれる。
高校卒業後上京。法政大学在学中に消しゴムでハンコを彫り始め、「丁稚シリーズ十連作」が、えのきどいちろう氏の目に触れ、84年消しゴム版画家としてデビューする。当時「ホットドッグ・プレス」編集者だったいとうせいこう氏に「ナンシー」と名付けられ、読者投稿ページでコラム連載「ナンシー関の漢字一發!」をスタート。執筆でもおおいに才能を発揮する。
2002年6月12日逝去。享年39歳。
「テレビ消灯時間」 (文藝春秋) 、「小耳にはさもう」(朝日新聞社出版)、「何もそこまで」(角川書店)、「何が何だか」(世界文化社)、「ナンシー関の記憶スケッチアカデミー」(カタログハウス)など著書多数