home > 商品の品質とお取り扱いについて
陶器と半磁器の食器

陶器や半磁器は磁器に比べ表面が柔らかく若干の吸水性もありますので、汚れやシミができやすい欠点があります。ご使用につれて「貫入」と呼ばれる表面の細かいヒビが発生したり、水分を吸って斑点のようなシミがあらわれる場合もあります。倉敷意匠では、この欠点を知りつつ、磁器にはない柔らかでとろりとした質感を好むゆえにあえて陶土や半磁器土を多くの製品に使っています。表面の変化が起こりにくく、長く使っていても新品同様に見える食器がお好みの方にはあまりお勧めできませんが、使うほどに育っていく様子を楽しむというとらえ方もあるということをご理解いただければと思います。特に指示のない陶器・半磁器製品は、オーブン・電子レンジ・食器洗浄機の使用が可能です。


陶器ボトル

陶器の中でも特に柔らかい土を使用していますので、水分を吸収しやすい面があります。貫入(釉薬表面の細かいヒビ)を入れた陶器ボトルには、出荷前に水もれ防止の目止め処理をしておりますが、まれに時間の経過にともない新たな貫入が出ることもあり、これが原因で水もれが起こる場合があります。ボトルを置いた机や棚等に輪じみを作る恐れがありますので、水を入れる場合は、トレイ・受皿などの上でご使用下さい。もし、水もれする場合には、お米のとぎ汁と共にお鍋に入れて弱火にかけます。沸騰後20分間ほど煮ることで、たいていの場合目止めすることが出来ます。もし1度の目止めで不十分な場合、何度かくりかえしてみて下さい。目止め後は、じゅうぶんに冷まし、水で洗って下さい。陶器ボトル類は、オーブン・電子レンジ・食器洗浄機での使用はできません。


吹きガラス

手作りのため、形・サイズ・厚み等に若干の差があります。ゆがみが生じていたり、表面にしわやうねり模様が入っている場合もあります。倉敷意匠の場合、大半の製品で意識的に気泡が入るように作られていますが、個々の気泡の状態には、かなり差があります。吹きガラスは、オーブン・電子レンジ・食器洗浄機での使用はできません。


ほうろう

表面がガラス質のほうろうは、細菌を繁殖させにくく、匂いもありません。風味を損なわず食べ物を保存でき汚れも落としやすいのが特徴です。倉敷意匠のほうろう製品はすべて日本製ですので、AAクラスの耐酸性釉薬を使用しています。酸、塩の強いものを長期保存することにも適しています。鍋・ケトル・コーヒーポット等、煮炊きを用途とした名称のほうろう製品は、すべて火にかけてお使いいただけます。100ボルトタイプであれば電磁調理器にも使用できますが、バターウォーマーなど底径が12cm未満のものは磁力が働かないので使えません。オーブンには使用できますが、電子レンジではスパークの原因になりますので使用しないで下さい。
ほうろう製品の縁部分や、溶接箇所が黒い筋状になっているのは、下引きの釉薬の色で、ほうろうの製造工程上の特質です。使用につれてこの部分からさびが出ることがありますが、オリーブオイルを柔らかい布にしみ込ませてすり込んでやるなどの手入れをすれば、さびが広がりにくくなります。



●全カテゴリ一覧